アイキャッチ
TRAVEL //// Views-264

車いすで横浜「みなとみらい」
絶景と食を楽しんだ女子旅!
(前編)

 車いすで横浜「みなとみらい」エリアの魅力的な眺めと、春景色の中4スポットを読者モデル2人が体験。車いすでのアクセシビリティ情報も入れながら、「みなとみらい」のおすすめ観光スポットを<前編・後編>で、ご紹介します。


<前編・目次>

スポット1.天空からのぞむ「みなとみらい」いつもと違う良い景色に感動

スポット2.横浜ベイエリアの景色を一望し潮風を感じながらランチが楽しめる


 モデルとして体験取材に参加してくれたのは、中田 恵里香さん(40歳・膠原病の混合性結合組織病・肺高血圧症)と、村上 みゆきさん(24歳・脳性麻痺)です。

 まずは、JR桜木町北改札出て東口からスタート

JR桜木町北改札出て東口前にいる読者モデル二人 ヨコハマエアキャビン桜木町駅へ向かうモデル二人

▲Gジャンに白いスカートが中田さん<左側>、グレーコートにデニムが村上さん<右側>

天空からのぞむ「みなとみらい」
いつもと違う良い景色に感動

YOKOHAMA AIR CABIN

運河パーク駅から見たヨコハマエアキャビンと横浜ランドマークタワー
ヨコハマエアキャビン桜木町駅入口エレベーター前のモデル二人▲桜木町駅入口

 2人が向かったのは、日本初の都市型循環式ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」
 JR桜木町駅前と新港地区の運河パークを結ぶ、日本初の世界最先端都市型循環式ロープウェイは、駅舎及びキャビンがバリアフリー構造となっており、だれでも安心して空中散歩を楽しめます。また、最新式バッテリーによる冷房システムやフルカラーLEDなど泉陽興業独自のノウハウと技術を結集した最先端の機能を備え、横浜みなとみらいの上空を移動しながら快適に街の景色を楽しめます。

チケット売り場有人窓口前でチケット購入しているモデルと購入待ちのモデル

 桜木町駅は1階からエレベーターで2階にあがり、左側に進むとチケット売り場があります。チケットを購入する際は、障がい者手帳を有人窓口で提示すると、本人と付き添いの方(中学生以上)1名までは割引料金にてチケット購入が可能、チケット売り場にはサポートしてくださるスタッフが常にいるので安心です。モデルの2人も手帳を掲示してチケットを購入。

出発ゲートを通っているモデル二人 ロープウェイ乗車口へ向かっているモデル二人

 ゲートを通り右側に進むと、目の前にロープウェイが見えてきます。車いすの方が利用する場合は、ロープウェイは一時停止してくれて、ホームとキャビンの間には段差もないのでそのままスムーズに乗り込めます。
 実は中田さんは高い所が苦手。ドキドキしながらキャビンへと向かいます。

ロープウェイに乗り込むモデルの中田さん ロープウェイが乗車口での一時停止している様子

注1:キャビンに搭乗の際は、車いすの方1名と介助者の同乗が原則になっています。
注2:同乗者がいない場合は、スタッフが同乗することも可能ですので、施設へご相談下さい。 
モデルの村上さんがロープウェイで横浜みなとみらいの景色を眺めている様子▲高所から見たいつもと違う横浜みなとみらいの景色に村上さん感激

 約5分で運河パークに到着。降りる際も、ロープウェイは一時停止してくれるので、降りるときも安心でした。
 高い所が苦手な中田さんは、「動き出しの所は思わず声が出ましたが、とても良い景色を見られたし、いつもと違うみなとみらいの楽しみ方ができました」と満足げに語ってくれました。

運河パーク駅正面から出てきたモデル二人▲運河パーク駅正面入口

<トイレ情報>
多目的トイレは、桜木町駅は2階のチケット売り場近くにあり、運河パーク駅は1階のチケット売り場近くにあります。

桜木町駅2階バリアフリートイレ入口に向かう車いす自走ライター トイレ内部の様子 トイレ内部鍵

▲桜木町駅2階チケット売り場近くバリアフリートイレ
 

運河パーク駅1階バリアフリートイレ入口手前の様子 運河パーク駅1階バリアフリートイレ入口ドアの様子 トイレ内部の様子

▲運河パーク駅1階チケット売り場近くバリアフリートイレ


YOKOHAMA AIR CABIN HP
URL:https://yokohama-air-cabin.jp/


目次へ戻る


山下公園までの移動は
海外旅行気分の連節バスで

さぁ~次に向かう2つ目スポットへ移動開始!
自走+ベイサイドブルーバスでの移動予定しているバス停へ向かいましょう!

2つ目のスポットにむかって移動開始したモデル二人 京浜フェリーボート ピア運河パーク営業所方向へ移動している様子
①運河パーク駅正面入口を出て右 港三号橋梁 方向40mほど直進します ②港三号橋梁手前を右京浜フェリーボート ピア運河パーク営業所方向へ70mほど進み
アニヴェルセルみなとみらい横浜アニヴェルセルみなとみらい横浜へ移動している様子 横浜ワールドポーターズ側へ横断歩道を渡っている様子
③左 アニヴェルセルみなとみらい横浜アニヴェルセルみなとみらい横浜から、よこはまコスモワールドを横目に歩道沿いを160mほど進みます ④カップヌードルパーク入口交差点手前で直進すると中央分離帯が盛り上っていたので、一旦右側 横浜ワールドポーターズ側歩道へ渡ります
国際大通りを横断歩道で移動している様子 カップヌードルミュージアム横浜側向い側へ横断歩道を移動している様子
⑤そして国際大通りを渡り ⑥カップヌードルミュージアム横浜側向い側の歩道へ渡ります
カップヌードルミュージアムパークの方向へ担当ライターが歩道を移動している様子 担当ライターが目的のバス停へ向かって歩道を移動している様子
⑦カップヌードルミュージアムパークの方向へ歩道沿い70mほど進み ⑧カップヌードルミュージアムパーク左手に右方向へ歩道沿いに100mほど進むと、カップヌードルパークハンマーヘッド入口バス停があります


モデル二人がバス停留所で横浜市営ベイサイドブルーバスを待っている様子▲カップヌードルパークハンマーヘッド入口バス停でしばしの休憩

 カップヌードルパークハンマーヘッド入口バス停から横浜市営ベイサイドブルーバスに乗車。移動の時でも運転手さんのアナウンスで、横浜の歴史ある建物見られて、観光気分も味わえました。

横浜市営ベイサイドブルーバスがモデル二人が待つ停留所へ到着した時の様子 運転手の介助によって村上さんがバスに乗り込む様子

▲連結バスが初めてだったので、期待でワクワク!乗るのが楽しみ~!

 大さん橋入口のバス停を降りて右方向へ歩道を20mほど進み右側へ曲がれば2つ目スポットはもうすぐです。
 

大さん橋バス停にバスが到着した様子 バスを下車した後、2つ目のスポットへ向かって歩道を移動している様子 2つ目のスポット手前山下公園最西端に位置している入口の様子


<カップヌードルパークハンマーヘッド入口バス停近く公衆バリアフリートイレ>

カップヌードルパークハンマーヘッド入口バス停近く公衆トイレ外観の様子 バリアフリートイレ入口の様子 トイレ内部の様子

 

横浜ベイエリアの景色を一望し
潮風を感じながらランチが楽しめる

THE WHARF HOUSE
YAMASHITA KOEN

 2023年4月14日(金)にリニューアルオープン。
 横浜の夜景と海が見える山下公園の最西端にあるレストランには、『カフェ、レストラン、足湯やBBQ、横浜生まれのギフトショップ』などがあります。開放的なテラスでは、みなとみらいやベイブリッジなどの風景が。昼は湾内を出入りする船を眺め、夜はベイエリアの夜景が一望でき、さまざまな楽しみ方ができるスポットです。
THE WHARF HOUSE YAMASHITA KOEN店前でポーズするモデル二人の様子

 この日は、天気がよかったのでテラス席でちょっと早目のランチ
 人気メニューの中で、村上さんは『オリジナル ハンバーグプレート』中田さんは『スパゲッティ ナポリタン』を注文。2人はお互いに注文した料理をシェア。料理もテラス席もオシャレだし、提供までの時間も程よく、気持ちの良い時間を過ごすことができました。

テラス席で海をバックに食事をしているモデル二人の様子 注文した料理二品の写真


モデルの中田さんが笑顔でナポリタンスパゲッティ食べようとしている様子

 店内は、開放的でアメリカン風な造りになっており、外にでると目の前が海!天気がいい日は10時から11時の間に行くとテラス席で食事ができると思うのでオススメです。
 入口入って、左側に行くと横浜生まれのお土産屋さんもあります。

<バリアフリートイレ(山下公園公衆トイレ第1)>

THE WHARF HOUSE YAMASHITA KOEN店近くのバリアフリートイレ外観 2つあるバリアフリートイレ入口の様子 トイレ内部の様子

THE WHARF HOUSE YAMASHITA KOEN HP
URL:https://wharfhouse-yokohama.zetton.co.jp


目次へ戻る

後編へ続く)

 

文:高瀬 翔太(頸椎損傷)写真:渡邉 誠/板倉 英人