アイキャッチ
GOURMET //// Views-567

へぎ蕎麦を頂きました

知り合いの伝手で、本場 新潟県十日町市より「へぎ蕎麦」を頂きました。

 
へぎ蕎麦 とは・・・
新潟県魚沼地方発祥のそばになります。通常の蕎麦は、つなぎに小麦粉や自然薯などを使いますが、へぎそばは布海苔(フノリ)という海藻をつなぎ使うので、潮の香りとツルンとした喉ごしが特徴的です。名前の「へぎ」は「剥ぎ」が訛ったもので、木を剥いだ板に一口程度に丸めた蕎麦を盛った事からへぎ蕎麦と言われています。

ウンチクはこのあたりにしておいて・・・
へぎ蕎麦を茹でましょう。

大鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら2玉のそばをほぐす様に入れます。そばが浮き上がったら、2分ほどゆっくり丁寧にかき混ぜます。吹きこぼれない様に火加減を調整します。

途中、茹で汁を器に取ったそば湯も頂きます。一般的にそば湯は食後に頂きますが、自分の場合は先に頂いて蕎麦の香りを楽しみます。(ホントは焼酎を入れたいんですけど…)

茹で上がった蕎麦は、冷水で滑りをしっかり洗い流します。

我が家には「へぎ」が無いので、皿に盛ります。好物の春物の天ぷらを添えて頂きました。

へぎ蕎麦の美味しさにカミさんは大変気に入った様です。 ありがとうございます。 ご馳走様でした。

協力:有限会社繁蔵 田麦そば
(https://www.tamugisoba.com/)
   新潟県十日町市駅通り237-1
   025-752-5656


写真・文:板さん