アイキャッチ
ESSAY //// Views-117

「母の日」のデパートの売り場で

週刊連載エッセー(5月2日)

「母の日」間近のこと。義母に選んでいるパジャマを、横からサッと持っていった女性がいました。
少々マナー違反。化粧の濃い若い女性です。
仕方なく別のを選んでレジに並ぶと、先ほどの女性がカードを書いていました。が、なかなか終わりません。隣のレジが空いて彼女と並んだとき、ふと見ると、「お母さん」と書いたきり彼女のペンは止まっていました。
手が小刻みに震えています。彼女の濃いマスカラの目に、涙の小さな粒がびっしりと光っていました。
日ごろ母親に心配をかけているのかもしれません。
「お母さん」と書いたところで、母への思いがあふれてきたのでしょうか。
私まで胸がいっぱいになりました。

 


・イラスト/いなだ 牧子

著者・並木 きょう子/東京都在住。フリーライター。人の生き方を独特の視点で描く人物ルポ、軽妙なエッセイ執筆。著書にエッセイ「ごちゃまぜ同居行進曲/主婦の友社刊(テレビドラマ化)」「300字の小さな幸せレシピ/アップオン刊」ほか多数。
ⒸKyoko Namiki,Makiko Inada&upon factory 
無断で複写・複製することは、著作権上の例外を除き禁じられています。

※新しいエッセイは毎週月曜日に掲載します。
※8月23日号 長男が、大人の背丈になったとき
※8月30日号 食卓を片付けながら
※9月  6日号 庭のブドウの樹
※9月13日号 ある年の初秋、結婚披露宴で
※9月20日号 「お月さま」に祈ります
※9月27日号 「この枝を切ります」
※10月4日号 多摩川の鉄橋で
※10月11日号新米の力
※10月18日号 今夜の君は美しい!
※10月25日号 湯気マジック
※11月 1日号 日本のお母さんの手
※11月 8日号   紅葉を楽しみに
※11月15日号 花の花道
※11月29日号   ボージョレ・ヌーボーの季節
※12月  6日号   年の瀬に向かって
※12月13日号 母の口紅
※12月20日号 おつき合いは、シンプルに
※12月27日号 急なお客さまに…
※ 1月 3日号 新年の抱負
※ 1月10日号 名前で呼んでください
※ 1月17日号 義姉のピアノ
※ 1月24日号 日本の雪
※ 1月31日号 全員が、天ぷらうどん
※ 2月 7日号 バレンタインデーの季節です
※ 2月14日号 瀬戸の夕焼け
※2月21日号  あたりまえの毎日が……
※2月28日号  ひな祭りの前夜
※3月 7日号 東日本大震災から、11年です
※3月14日号 山菜から春は香って
※3月21日号 祖母は51歳
※3月28日号 新しい日に向かって
4月4日号 桜の花に「ありがとう」
※4月11日号 あたりまえに、前向きに
※4月18日号 片手鍋のボランティアさん
※4月25日号 笑います、笑わせます

RAKUYUKU_STYLE