アイキャッチ
TRAVEL //// Views-79

男旅 与論島夏の陣

3年前の2019年夏に与論島に行ったことを、ご紹介します!

期間:2019年8月12日(月)〜15日(木)
ホテル名:プリシアリゾートホテルヨロン
5人の男旅

1日目


朝6時30分に羽田空港第2駐車場前に到着!
僕は駐車券を取るのが難しいので、
前日に駐車場事務所に連絡→当日入口前で到着の連絡

駐車場内は朝早くから混んでいましたが、難なくクリア!

▼車椅子駐車スペースです。

朝7時に羽田空港のスマイルカウンター前に集合。
▼JAL利用時の集合場所
ショップの社長が車いすで来て「ダイビング機材が届いていないから、今日のダイビングは中止。もしかしたら、明日も……」(自分の荷物も届いていなかった)

社長は見送りの為、空港でお別れ。

▼楽しんでくるぜ!男旅
代わりに大阪のインストラクターの方が引率してくれることに。(奄美空港で合流)

搭乗手続きをして、8時過ぎに出発。
羽田空港 → 鹿児島空港 → 奄美空港 → 与論空港

鹿児島空港に着いたら、すぐ奄美行きの飛行機に乗る。

▼CAさんが飛行機用の車椅子を押してくれます。(レッツゴー!)
▼搭乗ゲートからは、男性スタッフさんが車椅子介助してくれました。
▼タラップは、自動で降下中!
▼空港職員さん達の見事な連携でした。
▼車椅子押しましょうか?いえ! 大丈夫です。
▼さり気なく、日焼け中!

奄美空港で1時間30分ぐらい待ちがあったので、昼飯と売店で買い物をして、その後ジェット機に乗って与論島へ。

▼奄美空港からの景色

▼規制が厳しい…。

14時に与論空港に着くと、暑いのと台風の影響で風が強く、毎回お世話になっている現地のショップの方から、「ビーチもクローズ(ダイビング中止)明日も……」。

▼与論空港!空港には見えないよね。。。

車でプリシアリゾートホテルヨロンへ。
▼簡易的ですが、スロープを設置してくれます。

部屋は2部屋(2名・3名)。僕は、インストラクターの方と同部屋。 
何もすることないので、車をレンタルしてドライブ。
『百合ヶ浜海岸(ゆりがはま)』へ

▼砂浜なので車椅子を押してもらった。

▼全員でパチリ
▼可愛いヤドカリ発見!

その後ホテルに戻り、パンフレット等を見て次の日の観光するところを考えていた。
19時にホテル内の「ぴき」という居酒屋さんで夕食

▼紅芋コロッケ
▼グルクンのから揚げ
▼ゴーヤチャンプル
部屋に戻る途中にヤドカニに遭遇して、大興奮。
▼ヤドカニ

部屋に戻ると、トイレにスロープがついているのには、驚いた。
▼黒い板がスロープになります。

自分の荷物が届いていないので、シャワーも浴びれず、ベッドで寝ようと思ったが、今回はソファーで就寝。
 


2日目


朝8時にホテルのレストランで朝食バイキング。
朝10時に車でドライブ。

観光地『ヨロン駅』。電車は走ってないが、謎に駅がある。階段の為、車いすでは厳しいので車の中で待機。(20分ぐらい待ったかな〜)

▼ヨロン駅

▼拡大したのが、こちら!

その後、偶然見つけた『赤崎海岸』に行き、波が酷くなかったので、ここで、シュノーケリング&海水浴しようと皆で決断する。

一旦駐車場に戻り、目の前に喫茶店風なお店を発見

▼島らしい建物

「みかんシャーベット」を頼みました。
▼激うまです。

一旦ホテルに戻り売店で海パンとサンダルを急遽購入して、再び『赤崎海岸』へ……。
初のシュノーケリング! 台風の影響で波が急に高くなり海水をゴックン。魚が1匹もいない。危険だと思いビーチで日焼けをする。

▼そんな時は、ゆっくり日焼けでもしましょう!

1時間ぐらいして、さぁ〜帰ろう。
部屋に戻り荷物が届いていたので、着替えて皆で外に行って。。。

▼プライベートビーチと夕日をバックにパチリ。

夕飯は、前日にも行った『ぴき』で食べることに。

▼まぐろのカルパッチョ

▼もずくの天ぷら

▼沖縄アグー豚の餃子

部屋に戻る途中もヤドカニに遭遇。この日は大量にいた。(約10匹ぐらい)
相変わらず風は強く「明日もムリかもね……」って僕の部屋で皆で話をしていた。

パンフレットを見て明日の観光地を探した結果。神社・お城跡地、歴史資料館に行くことに……。
 


3日目


朝7時にダイビング中止の連絡が入り、朝8時にゆっくり朝食を済まして、朝10時に車で観光地にGO →

ヨヨロンの歴史資料館の『サザンクロスセンター』へ。

▼サザンクロスセンター

5階建てで、最上階に展望台があり、島一周が見渡せます。
一部ですが、写真でご紹介していきます。

▼昔の漁のやり方
▼田畑を耕す道具の種類

▼毎年3月頃開催される『ヨロンマラソン』の歴代の完走メダル

▼映画『めがね』実は、与論島は映画のロケ地です。

その後、隣の『琴平神社(ことひらじんじゃ)』へ行って来ました。
▼琴平神社

▼おみくじを引いて、まさかの「大吉

お昼は、『ヨロンビレッジ』でランチ!

▼もずく蕎麦を食べました。

その後、ホテルに戻り午後6時頃、毎回お世話になっているダイビングショップへ。

このお店は、本格的なイタリアンのお店も経営しています。
この日の夕飯は『イタリアンKAKI』のおまかせコースをお願いしました。

▼イカのカルパッチョ

▼自家製ピッツァ

▼ラザニア

部屋に戻り・・・全員僕の部屋でトークが始まり、気づいたら日付が変わっていた。(笑)
 


4日目(最終日)


風が強すぎて朝4時に目を覚ます。(飛行機飛ぶか……?)

朝8時に朝食を済まして、部屋に戻り帰りの支度をする。 
10時頃にホテルチェックアウトをして、車で島1周して一旦ホテルに戻りロビーでゆっくりする。

13時30分に与論空港に行き搭乗手続きをして、
与論空港 → 奄美空港に向けて出発。

▼与論空港に飛行機到着

▼スロープを出してもらってます。

台風の影響もなく快晴で風も強くなかった。

予定通り奄美空港に到着。約45分ぐらいの空の旅。
奄美空港の到着後、30分後ぐらいして鹿児島空港に向けて搭乗手続きを済ましている途中にアナウンスが流れる。
「予定通り鹿児島空港に向けて行きますが、万が一風が強かった場合は奄美空港に引き返します。」
皆で……「どうする……?」

機内では、CAさんから「鹿児島は大雨強風です」
「えっ?」

でも……鹿児島空港についたら、快晴の無風でした。(笑)

羽田空港に向けての出発まで時間があったので、17時頃にかなり遅めのランチ
18時頃、羽田空港に向けて出発して、20時30分無事羽田空港に到着。

21時過ぎに家着。

ダイビングは出来なかったけど、一緒に行ったメンバーが面白い人達だったので、それが良かったことかな……笑。

写真・文/車いすダイバーしょうた
 


『サザンクロスセンター』
与論の歴史・文化・自然・暮らし・芸能などのパネルや民具が展示されている資料館。また、与論を愛し、青く澄んだ海が見える墓所に眠る作家・森瑤子さんの遺品や映画「めがね」で使用した自転車も展示されています。5階展望台からは沖縄北部や近隣の島々を見渡すことができます。
鹿児島県大島郡与論町立長3313 TEL: 0997-97-3396
与論島観光ガイド