アイキャッチ
AMUSEMENT //// Views-354

車いすで行く
千葉県 道の駅
前編
保田小学校

2022年6月18日に、給食が食べられる道の駅「保田小学校」に行って来ました。


「保田(ほた)小学校」とは
道の駅で「小学校」??不思議ですよね。
2014年に学校しての役割を終え廃校となった「町立保田小学校」が2015年12月に「道の駅 保田小学校」として生まれ変わりました。
は2階建てのバリアフリーになっていて、車いす用駐車場や車いす用トイレも完備されています。

それでは
小学校時代にタイムスリップしましょう! 
(^ ^)/

1階:飲食店が5店舗あります。
1)里山食堂:学生時代に戻った気分で給食を頂きました。

▼教室が食堂になってます。 ▼懐かしい机と椅子

▼私が頼んだのは、「保田小給食」

ご飯:「あー」って言ってしまうぐらい少し固めで、懐かしさを感じました。
ハムカツ:肉厚でかなりのボリューム感でした。
カレー:中辛かな??人参が大きすぎた。(泣)
全体的にボリューム感があり、完食出来ませんでした。
2)風土職人 A'ma~ne:スイーツの専門店で店内は甘い香りがしました。
大人のこぶし大ぐらいある大きなシュークリームを購入!
▼外はパイ生地でサクサクしていて、中のクリームは濃厚で美味しかったです。
3)きょなん楽市:開放的で、地元の野菜や名産品を販売しています。
▼体育館を改修したお土産屋さん
▼珍しいコーラを発見!
▼通路は壁等なく幅も広く開放的になってます。

エレベーターで2階へ

2階:懐かしい思い出の展示スペース
エレベーターで2階に行くと温泉や宿泊施設があったり、廊下には昔懐かしい数々の備品が展示されいました。
▼宿や温泉もあります。
▼廊下はこんな感じです。

他にも、保田小学校の歴史が分かる写真等が展示してあり、歴史や懐かしさを感じました。

まとめ
以前からTV等で紹介されていて、気になっていたので行けて良かったです。
昭和生まれには懐かしさを感じることができ、平成生まれには新しい体験ができるので、大人も子供も楽しめる場所だと思いました。
心残りは、ソフト麵が食べれなかったので次回リベンジしたいと思います。

次は、木更津市に移動して「道の駅 木更津うまくたの里」を目指します。

『車いす駐車場』と『車いすトイレ』についてです。
▼屋根付きで2台分あります。
▼駐車場近くの建物奥側にあります。

写真・文/車いすダイバーしょうた


都市交流施設 道の駅 保田小学校 HP:https://hotasho.jp/


関連記事(車いすで行く 千葉県 道の駅)
後編 木更津うまくたの里