2024年6月16日(日)

「まぜこぜの社会」の必要性をエンタメで伝えたい!

 俳優・一般社団法人 Get in touch 代表・まぜこぜ一座 座長"東 ちづるさん"の思いが詰まった。
 さまざまな特性をいかして活躍されているプロフェッショナル マイノリティパフォーマー奇跡の共演

"まぜこぜ一座"

『一夜限りのミックスエンターテイメント』を観覧させていただきました。

▲LINE CUBE SHIBUYA正面入口

▲長谷部健区長のご挨拶▲左から、三ツ矢雄二さん、マメ山田さん、東ちづるさん、前説の様子と、手話通訳士の森本行雄さん

   
 開演された会場では、ステージ右から字幕・手話通訳士や、多くの車いすユーザーやさまざまなお客様も来場できるよう、会場内のバリアフリーの環境整備と合理的配慮され鑑賞できるように、最前や中段などオーケストラピットを取り除いて車椅子スペースを作られていて席一つ一つに関しても関係者の熱い思いを感じました。
 また、LINE CUBE SHIBUYAには1階フロアや1階席~3階席の各階に車椅子使用者対応トイレ設置されていました。

感動のフィナーレのようすは、
↓↓↓動画でご覧いただけます。
前代未聞の"まぜこぜエンターテインメント"
観覧を終えて…

 今回"社会派コメディサスペンス映画"では、出演されたマイノリティパフォーマーの皆さんの事実とは違った架空ストーリーであったとは思いますが、観ていた最後の問いかけには、ハッと考えさせられた部分があったり、"歌とダンスのパフォーマンス"では、全盲のシンガーソングライター佐藤ひらりさんの歌声に聞き入ったり、世界チャンピオンポールダンサーの小源寺涼太さんのキレッキレのパフォーマンスに見入ってしまったりと、私にとって今までの常識や価値観がぶっ飛んでしまうくらい衝撃と笑いあり、感動ありの、あっという間の4時間でした。
 次回講演は来年の7月頃に予定されているようですので、また足を運びたいと思いました。

文/写真:しんちゃんパパ 動画制作協力:パピオン


「Get in touch」公式サイト
URL:https://www.getintouch.or.jp/

LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
URL:https://linecubeshibuya.com/